自作EA 新2号 フォワードテスト開始しました

おはようございます! fxpapaです。

昨日までの週末を挟み、本日もイースターマンデーで欧米はお休みです。いいなあ。

日本では新年度スタートということで、みなさまの会社にはフレッシュマン・ウーマンたちが初出社、なんてことも多いでしょうね。

私がフツーにサラリーマンする会社でも新入社員が入ってきます。

さて、フレッシュじゃない人たちも、フレッシュなひとたちからパワーを貰って頑張りましょう。

 

さて、最近では、仕事以上に頑張りたい自動売買は、2018年2月12日からスタートしたフォワードテストとしては、100万円スタートで 21% 以上の伸びを見せてくれました。

これは、たった1か月半のトレードによる結果であり、デモ口座なのでリアルのようにスリップもない好条件なので、リアル口座とは条件は異なるかもしれません。

その代わり、指標が発表になるからEAを止める、というような半自動なことも行っていません。手を加えるとすれば、EAに持たせるロット数を変更したり、EAを追加、廃止するくらい。

こんなのんびりゆったりな感じですが、フォワードテストを回すことで、バックテストでは見えてこなかった EA の特徴やボラが高いときの動き、時には潜在的バグも見つかったりして、その都度、自作EAの開発にフィードバックして改善を図る、そんな回し方ができるようになってきます。

また、フォワードテストを元にリアルトレードにも約1週ズレで展開して運用をしていることで、リアル口座運用でも、収益として似たような成果を得ることができています。金額にして16万弱ではありますが、過去の含み損を解消しつつ、ポートフォリオを組み換え検証しながらトレードを進めています。

 

で。

その後々のリアルトレードにも繋がってくるフォワードテストに、先週末の間に自作EA 新2号を追加しました。

新2号は、ユーロポンドのみ先週の内にトレードを仮スタートさせていましたが、EAの作り上の致命的な欠陥が見つかって、先週末の間に改修していました。

スポンサーリンク

改修後のバージョンは、AXIORY の 2015年からのバックテストと、オプティマイズによる危険パラメータと安全パラメータの見極めをして、運用パラメータを使った Alpari での 1999年からのバックテストを実施。

改修前でも口座破綻に陥ることがなかったのですが、利益が伸びない課題が解決できていませんでした。仮フォワードテストにより見えた問題点からコード改修とバックテストを行ったことで、プロフィット・ファクタと期待利得、最大ドローダウンの大幅な改善が確認できたので、本日より、複数の通貨ペアでフォワードテストを開始します。

 

【2018年4月1日からの自作EA の運用】

運用条件

資金 100万円スタート (2018/2/12〜)
口座 AXIORY スタンダード(デモ口座)
レバレッジ 400倍
自作EA 1号v2 EUR/USD(M5) 初期ロット0.01 lot
EUR/GBP(M5) 初期ロット0.01 lot
自作EA 新2号 EUR/GBP(M15) ロット0.01 lot
EUR/USD(M15) ロット0.01 lot
USD/JPY(M15) ロット0.01 lot
GBP/USD(M15) ロット0.01 lot
自作EA 3号 GBP/USD(M15) 初期ロット0.1 lot
EUR/USD(M15) 初期ロット0.05 lot
自作EA 4号 NZD/USD(M15) 初期ロット0.05 lot
USD/JPY(M15) 初期ロット0.08 lot
EUR/USD(M15) 初期ロット0.05 lot
GBP/USD(M15) 初期ロット0.05 lot
自作EA 5号
(一時停止)
GBP/USD(M15) 初期ロット0.01 lot
EUR/CHF(M15) 初期ロット0.01 lot
USD/CHF(M15) 初期ロット0.01 lot

 

なお、上表にも何となく書いていますが、自作EA 5号の運用を一時的に停止しました。別途、コード見直しの上、運用再開をしたいと思います。

また、1台の VPS でこれだけの EA を同時稼働させるのが少しずつ窮屈になってきました。どうしたもんでしょうか。。。5号停止にはそれも大きく関係しているのですが、フォワードテストのためにVPSを追加契約したくないし…。

 

取り得る方法としては、自作EA を合体させることくらいでしょうか…

複数の種類を合体させるか、一つの種類に複数通貨ペアを処理させるようにするか…それで本当に負荷は減るのか…やってみないと分かりませんね…。

考えます。

 

 

本日から新年度。今年度もがんばりましょう!

 

スポンサーリンク