[2018/06/28]準備中!

おはようございます! fxpapaです。

巨大な含み損を抱えてついに崩壊したデモ口座では、軽快にナンピン、マーチンでポジションを増やしていくEAが13個も動くハイリスク運用をしていました。

と言うわけで、崩壊の前から別口座で、ナンピンをしないタイプのEA を運用し始めているのですが、直ぐに視覚的にお見せできるウィジェットのようなものが準備できていませんので、そちらは準備ができ次第、公開していきたいと思います。

また、すでに走らせているEA以外にも、バックテストや開発を進めているEAもあります。順次、公開していければと思います。

 

で、今まで、効果的に利益を得たくて、調子の良い通貨ペアを選んで、その分、EAを動かしてきました。最終的には13個のEAをひとつのMT4の上で動かしていた訳ですが、とにかく、運用が面倒くさい。

CentOS + wine でMT4を稼働させているからか、MT4を再起動させるといくつかのチャートからEAが外れてしまい、そのチャートで何を動かしていたのか分からなくなる始末…。

 

で、やってみました。マルチ通貨ペア。

 

先日の記事「複数の通貨ペアを同時にバックテストする方法!」でも書きましたが、一度のバックテストでは一種類の通貨ペアに対してのテストしかできないことが分かっているのですが、ReportManagerを使用して、複数のバックテストの結果を一つのレポートにマージできることは分かりました。

でも、8つのバックテスト結果をマージしようとしたときに、マージ結果が出力されない不幸に見舞われています。7つのバックテストを使う分には問題なく出力されるんですよね…

あまりここにこだわっても仕方ないのですが、レポート出力はどうしても必要なので、同じ不幸に見舞われている方のためにも、後日、続報はお伝えしたいと思います。

 

それから、自作EAの配布も考えたいと思います。fx-onさんに出品しているバージョンとは差がついてしまうとは思いますが、使っていただける方がいるならせっかくなので使っていただき、EA の改善にも繋げていければと思います。

 

それから、お名前.com デスクトップクラウド for FXの試用を始めてみましたよ!



さっそく、MT4を動かす準備をしてみました。Windows なので少し手入れが必要でした。ご興味がある方はご覧ください。

お名前.com デスクトップクラウド for FX の試用を始めました

スポンサーリンク

 

なお、FXPP_EA003はリアル口座では、複数通貨ペアに対して運用し始めました。新規で開設したAXIORY の NANOスプレッド口座を利用しています。どんだけ最少額スタートできるかな〜と考え、3万円ちょっとから運用開始しました。この額の根拠は、個人差はありますが、放置して忘れていられる額、でした、自分にとっては。

で、実際にAXIORYNANOスプレッド口座を利用してみて思ったこと。

めちゃめちゃスプレッドが狭い!リアル口座でもデモ口座と同様にユーロドルはゼロスプレッドのタイミングがあります。すばらしいです。手数料はエントリ時に乗ってしまいますが、スタンダード口座のスプレッドと比べても若干お得です。お得さを過去に記事にしていたことを思い出しました。ご参考にどうぞ。

Axiory ナノスプレッド口座の最挟スプレッドがすごかった!

これはオススメです。口座開設の方法は以下のページでご紹介していますので、ぜひ開設してみてください。

Axiory (アキシオリー) の口座をお得に開設する方法

 

あとは、MT4を動かすマシンのスペック次第で、NANOスプレッドを有効活用できるのではないかと思います。

 

また、自作EAとしては、引き続き新しいEA の開発は進めていて、並行してネタ探しも続けています。

次のEAの検討も進めていますので、また改めてご報告致します。

 

みんなのMT4(fx-on)

fx-on さんでもフォワードテストの進捗状況を公開しています。「みんなのMT4」を使っています。以下のリンクから本フォワードテストの詳細情報をご覧頂けます。

自作EA完全放置自動売買 – fxpapaさんのMT4

 

自作EA 1号v1のご紹介

フォワードテストでは運用に入れていませんが、自作EA 1号v1の紹介ページを作ってみました。宜しければご覧ください。

FXPP-EA001v1 の詳細情報はこちら

ちなみに、自作EA 1号v1 をベースとしたポンドドル専用EA が、4月19日より、fx-on さんで販売中です。現在は、この値動きなのでダンマリですが…

FXPP-EA001-GBPUSD (fx-on)

また、このEA で1999年からのヒストリカルデータでバックテストした setファイルも公開していますので、合わせてご利用ください。

FXPP-EA001-GBPUSD set ファイルご案内

 

それでは、本日もがんばりましょう!

 

スポンサーリンク