マイナスから始まるFXトレード その3

マイナスから始まるFXトレード その2 では、SNS の mixi でシステムトレードと MetaTrader を知り、それらを何とか習得したいがための暗中模索の日々を綴りました。

人間、何とかしようと努力していると、いつかはひらけるものです。もちろん、ネットで拾った EA をベースに、エントリの条件を変えてみたり、パラメータを増やしたり、トレード時間帯を制限するロジックを追加してみたりと、バックテストで直線的な右肩下がりのグラフしか描けなかったのが、何となく、グラフの線が右上に向くようになってきました。そうなってくると、mixiのコミュニティで会話されている内容にも少しずつですが、ついていけるようになってきます。

ある日、いつものようにコミュニティを眺めていると。その中で、話題の中心、というか、システムトレードの師範的存在の方がいて、既存の EA を良いものに改造して自動売買したい、という目的も一致し、個人的に連絡を取り合うようになりました。

その方には大変お世話になりました。実名は上げませんがお礼申し上げます…。

やり取りの中で、良い EA の選び方だったり、本格的に使えるEA に仕上げていくためのコツなどをすこしデモ掴めるようになったと思います。バックテストもこなして頂き、いざ実弾投入の段までこぎつけました。

スポンサーリンク

しかし、ここからがうまく行きませんでした。失敗したのがブローカー選び。端的に言うと、Scam(詐欺)ブローカーを選んでしまった。今では、とっくに事業も閉鎖してホームページもアクセスできませんが、海外のとあるブローカーに入金して、EAもそこそこ滑出しが良く利益を上げていきましたが、その利益どころか原資でさえも出金できなかったのです。

何とか、これまでに貯めた資金を回収しようと、慣れない英語メールを送ったり、現地の日本大使館に相談をしたりしましたが後の祭り…。メールの返信など来るわけもなく、全損の結果に終わりました。

当時は、FXDDでMetaTraderを使い始めていた時期でした。FXDDは値動きが非常に鈍く(今は分かりません)、それに比べて、Scamなブローカーは値動きがビンビン。開発した EA は、そのScamブロガーのデモ口座でそこそこのフォワードテスト結果を出してくれたので実弾投入に至ったのですが…。

そのブローカーの規約には、x pips以内でクローズするスキャルは禁止、のような文言もあったこともあり、それにも対応するように EA も実装して、規約を破らないトレードを行ったものの、利益を上げたからか「違反」という通知がメールで届いたのです。

あとから、Forex Peace Army などでもScam判定をされているブローカーだったことを知り、今回のチャレンジも幕を閉じました。2008年のことでした。

それからはFX に関してはモチベーションがガタ落ちで、しばらくおやすみすることになりました。相変わらず、マイナス状態は続きます…。

 

マイナスから始まるFXトレード その4

 

スポンサーリンク