マイナスから始まるFXトレード その4

マイナスから始まるFXトレード その3 では、共同運用者と滑り出し良く再スタートが切れたかと思ったのも束の間、海外のScam(詐欺)ブローカーに騙される形で、資金全損で終了…という悲しい過去を綴りました。

当時は、モチベーションはガタ落ちしたものの、大切な資金運用を続けていくうえで、ブローカー選びは重要であることを実体験させてくれた出来事でした。これもまた、良い経験となりました。

この失敗をした2008年頃は、新しい会社に転職して歳月も浅く、新しい仕事に集中下かだたこともあり、わずか数年ではありますが、裁量トレードも自動売買もやっていませんでした。

また、2008年といえば、サブプライムローン問題に端を発した、リーマン・ブラザーズの経営破綻による株価暴落があった年です。ただ、例のScamブローカーに資金を詐取され、メンタル面もトレード存続不可になったのがそれ以前のことであり、世界中が大混乱している最中には、特に影響を受けることはありませんでした。。

振り返れば、Scamブローカーでポジションを持ったまま株価暴落の混乱に巻き込まれたら、それこそ原資以上お金を請求され、いわゆる追証で多額の借金生活に追い込まれていたかもしれませんね。大荒れの期間を避けられたのは不幸中の幸いとでもいいましょうか、リアルな金融危機を知らないでトレードをしていた私にとっては、その不可抗力(しっかりとした資金管理、ポジション管理ができれば回避できるんでしょうが)を回避できたことはラッキーだったと言えます。それ故、2008年のリーマンショック以降、2010年のギリシャショック、2011年の東日本大震災は無風状態で通過しました。

スポンサーリンク

余談ではありますが、実際には無風ではなくて、2011年早々に転勤で東京に移り住み、東京都下にて転勤間もなくリアルに東日本大震災に遭いました。

それから2年経った2013年。趣味と小遣い稼ぎと、しがらみにより続けていたホームページの運用基盤を、Value Domainの共有レンタルサーバ(当時の名前はCore Serverでしたでしょうか)からVPSサービスに移しました。

オペレーティングシステムはLinux(CentOS)だったので、初めからMetaTrader を動かすつもりはなく、小遣い稼ぎの手段はもっぱらGoogle Adsense と A8.net の収入でした。Apache + WordPress でいかにレスポンス良い環境を創るかに徹していました。

話が横道にそれましたが、要は、すっかり、MetaTrader とは距離が空いてしまったんですね。それでも、安全なブローカーがないかは、気が向いたときにチェックをしていました。そこで見つかったのが、FXCM Japanです。

FXCM はすでに楽天に吸収されてしまいましたが、以前に裁量でビギナーズラックから転落してしまった時期に使用していたフォーランドフォレックスを吸収したブローカーです。

フォーランドフォレックスで使っていたアカウントが残っていたので、FXCM では手間なく MetaTrader 用のアカウントが取れてしまいました。これをきっかけに、MetaTrader をやり直すことにしたのです。

なんとか、これまでのマイナスを取り戻すために…

 

マイナスから始まるFXトレード その5

スポンサーリンク