マイナスから始まるFXトレード その5

マイナスから始まるFXトレード その4 では、ブローカー選びに失敗して涙ながらに資金を失ったあと、生涯のマイナス分をたり戻すために、FXCM Japan で MetaTrader を再開するまでのお話を綴りました。

当時の私にとっては、MetaTrader でのトレードをを再開することは、かなり大きなイベントだったと記憶しています。バックテストです成績の良い EA を見つけたら、一財産築けるんじゃないか、くらいの思いも持っていました。儲かったら、サラリーマン辞めて専業トレーダーになってやる!くらいの気持ちはありました。とにかく、ネットに落ちている ダイヤの原石EA のソースコードを探し出して、改良しても、バシバシ稼いでやろうと意気込んでいました。

当時は、SoeHoe.com (今の SoeHoe.id) を中心に、色々な EA を探しあさりました。SoeHoe は、私にとってはとても重要な情報源で、さまざまな EA が無料で公開されていて、過去の mixi と比べてもかなり新鮮でした。

2010年くらいまでは最盛だった EA のソースコードが平気で転がっていたり、それを誰かが改版してバックテスト結果を公開していたり、ソースコードはないがパフォーマンスの良い EA が ex4ファイルで配布されていたりと、日々、隅から隅まで読みあさっていました。

日本国内で販売されている EA には、こういった海外のフォーラムから入手されたものがベースになっているものも少なくない、もっと言えば、EA の名前やパラメータ名を変えるだけでほぼ原型のままで販売されているものも一部ある、ということも聞いていたので、SoeHoe は興味深い情報ばかりでした。

なかでも、データクォリティが99%の環境で無料でバックテストしてやるよ、というスレッドがあり、そこには色々な EA がアップされてはバックテスト結果が公開され、EA の良し悪しを判断するには非常に手が抜ける情報源でした。

SoeHoe.com はいつしか SoeHoe.id にドメインが変わり、アクセスできなくなってしまいました。一時は「閉鎖したか〜」と思って諦めていましたが、偶然、ググっている中で SoeHoe.id を見つけ、今でも愛用しています。

SoeHoe 以外にも、いろいろな EA の情報ソースはあります。MetaTrader 自動売買情報源 に紹介していますのでご覧ください。

スポンサーリンク

で、基本的には、SoeHoe でいろいろと探索しました。Blessing や 10points3、waygrow などなど…挙げればきりがありません。でも、バックテストでは好調だったのに、小ロットの実弾で試してみるとイマイチ良くない…。次は…だめ、これもイマイチ、これはキレイな右肩下がりじゃないか!という具合で、なかなか良い EA に出会えなかったのも事実でした。

そりゃそうですよね、その辺に転がっている EA で楽々勝てたのでは、全員が億万長者です。バックテストが良さそうに見える EA を探してはテスト、探してはテスト…。満足に期間も目標も定義しないで、摘んでは捨て、摘んでは捨ての冴えない日々を過ごしていました。時には、少額スタートで甘く見ていた 10points3 なんかには思いっきりナンピンされて意味もなく冷や汗をかいてみたり…。

それでもいつかは常勝EAを…の想いで SoeHoe 以外のフォームも巡っていくうちに、結局は SoeHoe の 99%データクォリティのバックテストスレッドにて、怪しい名前の EA を見つけました。その EA については、別途細かくご紹介しますが、バックテストでは直線的な右肩上がりの途中途中にミゾがあるタイプで、そう、ナンピン系 EA です。しかも、一晩回してみたところ、大勝はしないものの利益を着実に積み上げていたのです。もしかして、ナンピン最強?!なんて思っていた時期でもありました(むしろハイリスクですね)。

この時点で、EA を24時間稼働し続ける環境といえば、自宅PCを動かしっぱなしにするくらい。何とか、24時間、家族の誰にも文句を言われ図に安定稼働できる環境はないものかと検討した結果、VPS を利用して、24時間稼働の MetaTrader を稼働させることにしました。マイナスから始まるFXトレード その4 でさらっと書きました、趣味としがらみで続けているホームページ運用で利用している VPS の CentOS です。

マイナスの生涯成績を取り戻すために、ようやく具体的な手法が、少しずつ見えてきた状態でした…。

 

マイナスから始まるFXトレード その6

スポンサーリンク