お名前.com デスクトップクラウド for FX の試用を始めました




こんにんちは! fxpapaです。

先日から お名前.com デスクトップクラウド for FX の試用を始めてみました。

トライアル版なので、1CPU、1GBメモリ、50GB のストレージです。

2018年6月29日 (金) 18時 までのお申込みなら、2GB以上のプランで料金半額だそうです、これはオトク!


ということで、1か月間限定で無償で払い出していただいたトライアル環境(だから無償ですね)を試してみることにしました!

試してみていること

お名前.com デスクトップクラウド for FX は、その名の通り、FXのためにセットアップされたサーバOSの Windows Server 2012 R2 が払い出されます。MetaTrader 4 がプリインストールされており、MetaTrader 4 のインストーラもデスクトップに配置されているので、再インストールや追加インストールもしやすくなっています。

まずは、基本的なセキュリティ周りの調整から始めています。また、サーバリソースが限られていることから、できるだけ Windows サービスを止める、不要なデータやプログラムを削除する、常駐プログラムを起動させないようにする、ところを重点的にやっていく予定です。

デフォルト管理者アカウントを無効化

Windows OS に Administrators(管理者)権限を持つデフォルトアカウントを無効化しました。デフォルトアカウントのデフォルトパスワードを変更するだけでも効果はあるかと思いますが、自分以外が管理者アカウント名を知っている以上はセキュリティの観点から好ましくないため、自分専用の管理者アカウントを作成して管理者権限を付与したあと、デフォルト管理者アカウントを無効化しました。

Windows Update の設定変更

お名前.com デスクトップクラウド for FX の Windows Server 2012 R2 は、標準で Windows Update が、ダウンロードとインストール両方が利用者の許可がなければ実行されない設定になっていました。どうせ、週末にたまった Windows Update を実行させることになると思うので、ダウンロードだけは自動で行うようにし、インストールそのものを選択できるようにしました。

念のための Windows Update の手動実行

そのうえで、念のため、Windows Update を手動で実行。払い出し時点から最新状態になっているようで、新たな更新プログラムの取得は発生しませんでした。さすが お名前.comさん、親切です。

ネットワーク設定

ネットワークの IPv6 は使わないと思って無効化しようと思いましたが、、、本当に使わないのか分からなかったのでデフォルトのままにしています。万が一、接続ができなくなるとアウトなので、ネットワーク周りはそのままにします。その際に、ネットワークアダプタの一覧画面を開いたところ、アダプタの説明書きのところに Hyper-V と記載がありました。仮想基盤は Hyper-V なのですね。ちなみに、IPv4 はプライベートの固定IPアドレスが設定されていました。

スポンサーリンク

壁紙を外す

どこまでリソースに影響があるか分かりませんが、少なくとも、グラフィカルな壁紙は通信料にも影響が出てくると思われるため、オレンジ色の壁紙を取り外して、無地一色の背景に変更しました。Windows 8 時代のオレンジ色のデザインで、私はあまり見慣れていなかったので、これですっきりです。

デスクトップにアイコンを配置しない

これもどこまで影響があるか分かりませんが、昔々、Windows 2000 や Me を使っている頃に、デスクトップにアイコンを配置するとシステムリソースを消費するという話を聞いてトラウマになっているので、デスクトップからごみ箱以外のアイコンをすべて排除。その代わりに、スタートメニューにピン止めしておきました。ピン止めした方がリソースを食うのならばやめます。。。ついでに、タスクバーから気にある Windows ストアのアイコンと、使わない Internet Explorerのアイコンを外しました。

不要なサービスの停止

お名前.com デスクトップクラウド for FX のサーバは、必要最低限のサービスに限定されているようで、Print Spooler くらいしか停止させるものがありませんでした。

必要なソフトウェアの追加

最低限、必要なソフトウェアとして考えているのは、WEBブラウザ、圧縮・解凍ソフト、ファイル転送ソフトです。WEBブラウザとしては Google Chrome をインストールしてデフォルトブラウザに設定しました。圧縮・解凍ソフトには 7-Zip をインストールしています。ファイル転送ソフトには WinSCP のポータブル版を導入しています。わざわざ SCP にしたのは、現在、同じお名前.com さんの VPS で利用している Linux とのファイル授受を行うためです。拾ったり開発したMQLコードやプリセットファイル、バックテストデータなどはすべて VPS の Linux 上に集約しているので、そこからのファイル取得に使用します。また、サーバ環境の不要データや不要レジストリをお掃除しやすいように CCleaner をインストールしました。リソース節約のため、いずれのソフトウェアも常駐機能は解除しています。

不要なソフトウェアの削除

タスクマネージャを除いて真っ先に「不要!」と思ったのが、Adobe Reader。サービスとして Adobe Update が動いていて、少しでもリソースを節約したいのでアンインストールしました。PDFビューアには Google Chrome で十分です。

これらの調整の結果・・・

というわけで、いろいろお掃除や設定変更を行って、OS を再起動した直後の状態で、これくらいのリソース消費状況です。

 

また、MetaTrader 4 を起動させてこれくらいなので、MT4 を 1台動かしてギリギリかな~という印象。

 

まだ実際にEAを稼働させてのパフォーマンス確認は行っていないため、実際に不自由してしまうレベルなのかどうか見えていませんが、個人的には、今なら半額の2GB プランを契約しておくと安心だな~と思います。ご興味がある方はぜひ急いでどうぞ!EAを稼働してのレポートは、また追ってご報告致します。



スポンサーリンク